LINEで送る
Pocket

こんにちは、小田です。

さて今回は、現在、とても人気となっている、シークレットブーツのサンダルタイプ。

「シークレットサンダル」について、ご紹介をさせていただきたいと思います。

今年もやっぱり、すでに24cm前後のサイズが品薄となってきてるのですが…(^^;)

でも、せっかくたくさんの写真を撮ってみたので(笑)、ご紹介をいたします!!

 

ご紹介させていただくのは、こちらのモデルです!

 

7cmUPシークレットブーツ・サンダルタイプ【7_summer_003】

http://10cm-over.com/7_summer_003.html

2016-07-30 10.52.47

 

 

会社の経営者や、お医者さん、仕業の方などなどに人気の、こちらのモデル。

パッと見た感じですと、きっと多くの方が、「ちょっと変わったデザインのサンダルだな~」と、思われるのではないかと思います。

一般的に「サンダル」というと、ビーチサンダルのようなデザインを想像しますよね。

そういったビーチサンダルタイプと比べると、この靴はかなりデザインが違います。

 

こういったデザインのサンダルは、「フィッシャーマンサンダル」と呼ばれていて、簡単に言えば、「高級なサンダル」ということになります。

耐久性が高く、通気性もよく、ビーチサンダルのように、簡単にすっぽ抜けたりしません。

何よりも「知る人ぞ知るサンダル」という靴ですので、分かる人が見れば「あ、この人オシャレだな」と思われる一足です。

海外製のしっかりしたフィッシャーマンサンダルは、5万円~8万円と、かなりの価格がしますが、それでも「夏にオシャレに履けるサンダル」ということで、知っている人には、とても人気の靴となっています。

 

このシークレットブーツは、そういったフィッシャーマンサンダルタイプの、7cmUPシークレットブーツ、という感じですね。

価格については、一般的な5万円~8万円するフィッシャーマンサンダルの、半額近い価格で、ご購入いただけます。

 

さて、このフィッシャーマンサンダルのシークレットブーツ。

一体、細かい部分はどうなっているのか、実際に見ていきましょう!

まずは、履いてみたところです。

シークレットサンダル7cmUPを履いてみた!

2016-07-19 13.51.11

こんな感じです・・・って、むちゃくちゃラフな格好ですね(笑)

これは、あえてそういう格好で撮ってみました。

というのは、おそらく多くの方は、ジーパンなどの長ズボンに合わせてお使いになられるかと思います。

長ズボンと合わせて使うと、もはや完全に「普通のサンダル」にしか見えません。

これが7cmUPのシークレットブーツであることは、自分からバラしても、信じてもらえないレベルになると思います。

 

ですので、あえて半ズボンにハダシ。

しかも、寝間着と言ってもいいレベルの半ズボンに、合わせてみました。

それでも、かなり自然に見えるのではないかと思います。

2016-07-19 13.51.17

 

さて、それではもう一度、靴の全体像です。

2016-07-30 10.52.47

 

素材はレザーですね。

ツルっとした質感となっています。

そして…こちらが表面のアップですが…

カメラが近づきすぎて、ホワイトバランスの関係なのか、色がおかしくなってしまっています(^^;)

実際には、もっと夏らしい、鮮やかなブラウンなのですが…

2016-07-30 10.52.53

気を取り直して、つま先を撮影すると・・・本来の色が、しっかりと撮影できました(^^)v

 

2016-07-30 10.52.59

つま先部分はこんな感じです。

通気性はもちろんですが、デザインとしても、落ち着いた雰囲気で、とても良いですよね。

フィッシャーマンサンダルのデザインということで、「フィッシャーマンってことは、釣りに履いていく靴?」と思われるかもしれませんが、夏祭りや花火大会はもちろん、日常のおでかけにも、お使いいただけます。

言うまでもなく、釣りに行く時に履きたい!という方も、OKです。

 

履き口については、マジックテープ式になっています。

ハダシでもスッと履けるように、大きく履き口が開いてくれますので、助かります。

2016-07-30 10.53.10

 

靴の内側も、しっかりと作られていますよね。

フィッシャーマンサンダルというのは、こういった感じで、かなり細かい部分が作りこまれています。

つまり、長持ちするんです。

2016-07-30 10.53.21

 

実は、このサンダルタイプのシークレットブーツをご購入されるお客様の多くが、

「毎日のように履き倒して、履き倒したけど、まだまだ全然、新品のようです!

・・・でも、来シーズンの夏には、予備用にもう一足、買い足します(笑)」

といったご感想をお送りくださいます。

「なんで、まだ新品同様なのに、買い足すだなんて、わざわざ書くの?」

というと、大体のお客様が、最初は1足だけご購入されます。

そして、実物を手に取ってみて、「気に入ったので、ローテーション用にもう一足!」

と思って買おうとしたら、売り切れてしまっていて…(汗)

そのため、「来年の夏に、買い足します。」というお声を、よくいただくのです。

 

さてさて、話を元に戻しまして、次は靴の側面です。

2016-07-30 10.53.33

上の画像が、外側の側面。

下の画像が、内側の側面です。

2016-07-30 10.55.59

普通の靴に見えますが、7cmUPのシークレットブーツです。

身長165cmであれば、172cmほどになります。一気に日本人の成人男性の平均身長(約171cm)を超えますね。

身長が173cm以上の方であれば、なんと180cm台になります。

 

後ろから見た感じですが、こちらも自然ですね。

2016-07-30 10.53.40

 

これで7cmUPのシークレットブーツです、と言うと、「本当に7cmUPなのか?」という疑問をお持ちの方も、おられると思います。

実際、こんなお問い合わせをいただくことも、少なくありません。

他のお店で8cmUPを買ったんですが、5cmしかアップしなかったんです。

こちらのお店の靴は、大丈夫ですか?ちゃんと7cmUPしますか?

・・・こういった旨のお問い合わせ、実はけっこう、多いのです。

どこのお店なのでしょうか…。

まぁ、他店様は他店様の、製造工程やチェック工程の問題もあるかと思います。

それよりも、このシークレットサンダルはどうなのか?という部分について、実際に測ってみました。

 

2016-07-30 10.55.31

 

え?!分かりにくいですか!?

・・・はい、知ってました(汗)

とりあえず、メジャーの7cmのところと、靴の中の底部分を、比べてみてください。

少なくとも、5cmUPや4cmUPではないことは、お分かりいただけるかと思います。

 

靴底のこの部分だけで、とりあえず2cm~3cmほどのヒールが付いています。

ヒールには見えないようなデザインですが、これにプラスして、インヒールが5cmほど。

合わせて7cmUPとなっています。

2016-07-30 10.53.51

 

 

お次は、靴の中です。

こんな感じで、傾斜が付いています。

シークレットブーツは全て、このようなカカトからつま先に向かっての傾斜がついています。

 

2016-07-30 10.54.11

 

最後に、靴底です。

2016-07-30 10.55.41

つい先日、とあるお客様から、

「サンダルってことは、靴底がツルツルなのですか?」

というお問い合わせをいただきました。

コチラのタイプは、いわゆるビーチサンダルのような靴底ではなく、しっかりとしたすべり止めがついています。

この部分に関しては、私がしっかりとフィッシャーマンサンダルであることを、ご紹介してこなかったことが原因です。

分かりにくい部分がありましたことを、お詫びいたします。

確かに「サンダルです」と言われたら、ツルツルの靴底をイメージしてしまいますよね。

 

 

さてさて、そんなこんなで今回は、夏に人気のシークレットブーツ・サンダルタイプを、細かくご紹介してみました。

この夏、サンダルでも7cmUP!を体感してみたい方は、ぜひチェックしていただければと思います。

ただ、このサンダルタイプはすぐに在庫がなくなってしまいますので、お申し込みはお早めにいただけると幸いです。

 

 

7cmUPシークレットブーツ・サンダルタイプ【7_summer_003】

http://10cm-over.com/7_summer_003.html

2016-07-30 10.52.47

LINEで送る
Pocket