LINEで送る
Pocket

こんにちは、小田です。

今日は、「男装カフェの売上アップ」について、ご紹介をしたいと思います。

秋葉原といった激戦区はもちろん、日本全国の「男装カフェ」のオーナーさんは、ぜひご覧くださいね!

 

さて、男装カフェの売上は、一体、何が決めるでしょうか?

ビジネスモデル?立地?集客力?メニュー展開?

カフェの経営戦略には、さまざまなテクニックがあります。

しかし、男装カフェの場合は、違います。

「スタッフさん達のレベル」によって、売上が左右されるのではないでしょうか?

どちらかと言うと、ホストクラブやキャバクラに近いイメージですね。

 

それもそのはずで、そもそも「男装カフェ」ですので、訪れるお客様は、「男装したイケメン」に会いに来られる訳です。

もっと細かく言えば、インターネットでたくさん調べて、「この人に会いたい!」と決めてから、訪れるはずです。

では…次のどちらのパターンたど、「期待に胸膨らませてお店を訪れたお客様」の期待を、圧倒的に超えることができるでしょうか?

 

A.顔はインターネットで調べた通り!イケメンだわ!・・・でも、意外と小柄なのね

B.すごい!背が高い!女の子よね?顔もインターネットで調べた通りでイケメン!

言うまでもなく、期待を圧倒的に超えるのは、Bです。

 

男装スタッフの身長が高い、というのは、男装カフェにとって、実は死活的に重要なポイントではありませんか?

 

確かにインターネットで調べれば、どんな顔立ちなのかは、チェックできます。

しかし、背の高さというのは、頭で想像するしかありません。

 

当たり前のことではありますが、「男装カフェ」ですので、スタッフさんは女性です。

そのまま何もせずにお客様を出迎えれば、基本的にはスタッフさんもお客様も、女性同士。

「同じくらいの身長になってしまう」というのは、ごくごく当たり前ですが、そこを裏切ることができれば、

当然、口コミにもなるはずです。リピート率も上がるでしょう。

 

 

「そんなこと、分かっているよ!だから対策もしていますが…」

 

分かります。

8cmUP程度のシークレットブーツや、場合によっては厚底ブーツで、ご対応されていると思います。

でも、たかが8cm程度のシークレットブーツで、通常の「男女の身長差」までは、作れません。

なぜなら、

 

日本の成人男性の平均身長は、約171cm。

日本の成人女性の平均身長は、約158cm。

日本の成人男女の平均身長差は、約13cmです。

 

つまり、8cmUP程度のシークレットブーツでは、確かに背は高くなりますが、大きなインパクトはさほどないと思います。

13cmUP以上のシークレットブーツを履かないと、ライバル店を圧倒し、訪れるお客様を驚かせ、ファンにさせるほどのインパクトを与えることは、できません。

 

それに・・・あえて詳しく書く必要もないとは思いますが、「13cm以上の身長差を埋めたらいいんだな!」と、13cmの厚底ブーツを用意するわけ、ありませんよね。

安定性が全くありませんので、飲み物や食事をテーブルまで運ぶのが、めちゃくちゃ大変になります。

転倒して、ケガをしたり、ケガさせたりしたら・・・と考えると、まず選択肢から外れます。

 

 

「いや、でも、13cmも背が高くなるシークレットブーツなんて、見たことないよ」

 

すみません。それはきっと、私たちの宣伝活動が足りていないからだと思います。

13cmUPのシークレットブーツは、あります。

さらに、14cmUPのシークレットブーツも、取り扱っています。

こんなデザインの靴になっています。

 

13f_02 13g_01 13h_02

 

執事系、ホスト系、軍曹系、西洋系なら、一通り、あわせられるデザインです。

品質も、ご安心いただけます。

靴の本場、イギリスでデザインされた、本格的で高品質なシークレットブーツです。

素材はレザーですね。

 

これまでに当ショップでは、約3000人のお客様に、シークレットブーツをお届けしてきました。

13cmUPや14cmUPだけで言えば、おそらく200名以上のお客様にご案内してきていると思います。

現在、100名を超える方からのご感想、お喜びの声もいただいており、

特に多いご感想の内容が「視界が激変する!」というものです。

 

さて、もしあなた様の男装カフェのスタッフさんの全員が、この14cmUPのシークレットブーツを履いたとします。

すると、何が起こるでしょうか?

当たり前のことなのですが、文字にすると、強烈です。

スタッフさんの平均身長が、14cmアップするのです。

 

あなたのお店を訪れたお客様の多くが、その圧倒的な背の高さに、「え?!」と、驚かれるかもしれません。

その中に、もし、「私も男装カフェでアルバイトしたい」と思っている女性がおられたら、少し自信を失わせてしまうかもしれません。

それほど、14cmも背が高くなる、というのは、印象的なことです。

 

秋葉原などの激戦区はもちろん、日本の各都市で経営されておられる男装カフェの経営者にとって、男装スタッフさんの男装クオリティは、売上にダイレクトに影響を与えます。

 

もしスタッフ全員が14cmUPした場合、たとえば記念写メやチェキなどで、「まるで本物の男女」かのような、身長差がハッキリと出る写真も、撮れるようになります。

女性客からすれば、そういった写真は、SNSなどでもアップしやすく、拡散し、口コミとなりやすくもなるでしょう。

 

 

では、この14cmUPシークレットブーツ。

一体、一足いくらなんですか?というのが、気になるところだと思います。

 

一足の価格は、36,000円。

耐久性としては、店内のみの使用であれば、軽く1年は使えるかと思います。

そう考えると、一ヶ月あたりのコストは、わずか3,000円になります。

 

 

ご案内できるサイズは、23cmからになりますが、

男装スタッフさんの女性の中には、「足のサイズが21cm」という方も、おられるかと思います。

そういう場合は、サイズ調整専用インソールもご用意できます。

2cmほど大きい靴でも、履けるようになってしまう、サイズ調整専用のインソールです。

 

 

さて、今日は男装カフェの売上を、超短期間でアップさせるアイテムとして、

14cmUPのシークレットブーツを、ご紹介させていただきました。

 

男装スタッフのクオリティが、そのまま男装カフェの売上に影響を与えるわけですし、

何より、男装スタッフさん個人の人気も、クオリティが左右します。

 

メイクや言葉遣い、衣装、身振りなど、日々スタッフさんは研究と努力をしておられると思います。

しかし、身長だけはどうにもなりません。

しかも、成人の男女の平均身長差は約13cmということで、意外に差があるんですね。

 

それを一瞬で埋めてしまう、14cmUPのシークレットブーツ。

ぜひ、男装カフェの経営者様、および経営幹部、マネージャーの方は、チェックしていただければと思います。

 

もし何かご不明点などあれば、店長である私が直接、お答えをいたしますので、

お気軽にお問い合わせいただければ、幸いに存じます。

 

size05

 

 

 

LINEで送る
Pocket