LINEで送る
Pocket

こんにちは、小田です。

さて今日は、「普段の通勤で、シークレットシューズを履いてみたい。」という方や、

「すでにビジネス用シークレットシューズを履いているけど、別モデルを探している」という方のために、

久しぶりになってしまいますが、紳士靴タイプのシークレットブーツを履いてみます。

 

お医者さんや経営者といった、エグゼクティブの方からも支持されている品質の高い、しっかりとしたシークレットブーツをお探しの方には、特にオススメです。

 

と申しますのは、当ショップの靴は、靴の本場イギリスでデザインされたもので、当然、しっかりしたレザーが使われています。

靴底はラバーになっていますが、それでも安物のペラペラした靴とは全く違いますので、

お医者さまや経営者、セミナー講師などの方々からも、「満足です!」というご感想をいただきます。

 

「ちゃんと長く使える、ビジネス用のシークレットシューズが良い」という方に、「履くと、こんな感じになります」というのが、お伝えできればと思います。

 

まずもう最初に、履いてみたところをお見せしたいと思います。

こんな感じですね。

2016-07-11 12.42.05

 

ご紹介させていただいているモデルは、こちらです。

7cmUP ビジネス用シークレットブーツ【7_biz_038】

http://10cm-over.com/7_biz_038.html

2016-07-11 12.39.24

 

 

・・・ちなみに、「シークレットシューズ」と「シークレットブーツ」と、この二つの呼び方には、明確な違いがあります。

こちらの記事でもご紹介いたしましたが、

シークレットブーツとは – シークレットシューズとの違いを解説

 

シークレットブーツは、一般名詞です。(たとえば、テレビゲーム、ゲーム機など)

シークレットシューズは、商標登録された固有名詞です。(たとえば、Wii、Play Stationなど)

 

「えー?シークレットシューズって、固有名詞?!しかも商標登録されてるの?!」

と、驚かれるかもしれません。

私も初めて知ったときは、とても驚きました。

「紳士靴をブーツと呼ぶのは変じゃないか?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった事情があることを、ご理解いただければと思います。

 

さて、それでは先ほどのシークレットブーツ、もう少し詳細画像を見ていきましょう。

 

2016-07-11 12.39.29

素材には、プレミアムレザーが使用されていて、とても落ち着いた、洗練された雰囲気となっています。

ストラップ式になっているのも、お洒落でスタイリッシュですね。

なにより、これが7cmUPのシークレットブーツだという点が、良いですよね。

これまでのシークレットブーツは、品質やデザインが後回し…いや、後回しどころか、テキトーだった靴も多かったと思います。

品質が良く、デザインも良く、長くしっかり使えて、しかも7cmUP。

特に7cmUPというのは、職場に履いて行っても、特に違和感もなくて、気づかれにくい高さです。

歩く際も自然で、自分自身で「7cmUPシークレットブーツを履いている」ということを忘れる人もおられるほど。

毎日でもしっかり使えるビジネスタイプのシークレットブーツをお探しの方には、オススメです。

 

こちらは、つま先のデザインです。

2016-07-11 12.39.36

つま先のデザインは、このような感じです。

ウィングチップと呼ばれるデザインで、フォーマルでも使えるデザインとなっています。

 

さて、横から見た画像は、このような感じになっています。

2016-07-11 12.39.45

一般的なメンズビジネスのシルエットを、よ~くご覧になっている方は、お気づきかもしれませんが、シークレットブーツだけあって、履き口の部分が、上に上がってますね。

これは、基本的にスーツを履くと隠れる部分です。

また、仮に足を組んだ時に足首が見えても、それに気づく人はほぼいないと言っても良いでしょう。

それに加えて、2cm程の、ささかなヒールがついています。

もしも職場の人に、「身長、伸びた?」と聞かれた場合は、「いや、この紳士靴、ちょっとしたヒールが付いているからだと思う」と言えば、それで話は終了するのではないかと思います。

実は最近のメンズビジネスは、こういった2cm~3cm程度のヒールが付いている靴のほうが、多いと思います。

むしろ、ヒールが全くない靴なのに、なんかちょっと背が高くなったような…?と思われてしまう方が、答えずらいですよね。

 

2016-07-11 12.39.51

 

後ろからの見た目も、とても自然になっています。

次に履き口ですが、こちらもシンプルです。

先ほどもご紹介しました通り、少し上に上がっていますが、それはスーツの裾に隠れてしまいますので、パッと見た目ではわからないようになります。

2016-07-11 12.39.57

 

靴底は、このような感じで、何から何まで「自然そのもの」です(笑)

2016-07-11 12.40.04

シークレットブーツのメンズビジネスタイプで大事なのは・・・

特に、職場に履いていくためのシークレットブーツ選びで大事なのは、この「自然である」という部分です。

 

なぜか多くのシークレットブーツが、「妙に奇抜なデザイン」だったり「妙に表面がツルツル、つやつやし過ぎているデザイン」だったりします。

これだと目立ってしまい、足元だけ浮いてしまいますよね。

普段、仕事に着ていくスーツに対して、足元の靴が、オシャレ過ぎたり、つやつや過ぎたりすると、足元だけが浮いて、バレるバレないの問題の前に、オシャレではなくなってしまいます。

これは、足元もしっかり見ている女性は特に、気付きます。「足元が妙に派手…この人、そんなに靴好きだったかしら?妙ね・・・」と、もう探偵ばりですね(笑)

 

ですので、ビジネスのシークレットブーツを選ぶときは、派手すぎず、目立ちすぎず、でも、高品質だと感じさせるような「分かる人には、良さが分かる」というデザインであることが、とても大切になります。

 

いかにも、「カッコいい靴でしょ!!」「いい靴なんです!!」と主張するものは、職場に履いていくビジネス用のシークレットブーツとしては、バレてしまう可能性もありますので、考える必要がありますね。

 

さて、最後にもう一度、履いてみている写真をチェックしてみたいと思います。

2016-07-11 12.42.05

最初にご説明をしていませんでしたが、今回はブラックスーツに合わせてみています。

フォーマルでも使えますので、その雰囲気もお伝えしたいと思い、ブラックに合わせてみています。
2016-07-11 12.42.09

オシャレで洗練されていますが、主張はしていない…というのを、お感じ頂けるでしょうか?

プライベート用であれば、主張する靴でも特に問題はないのですが、毎日、顔を合わせる人がいる職場へ履いていく靴は、あまり主張する靴は、避けたいところです。

 

毎日の職場に履いていけて、長く使えるビジネス用シークレットブーツをお探しの方は、ぜひ、使ってみていただければと思います。

 

7cmUP ビジネス用シークレットブーツ【7_biz_038】

http://10cm-over.com/7_biz_038.html

2016-07-11 12.39.24

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket